不動産ブロックチェーンの情報ハブ
【決定版!!】不動産ブロックチェーンの総まとめ

【決定版!!】不動産ブロックチェーンの総まとめ

yuhattor
yuhattor
Entry - 初級2022年5月26日 00時00分

不動産ブロックチェーンのメディア Propwave.jp は不動産とブロックチェーンに関する最新の情報を網羅的に扱っている唯一のメディアです。世界中の不動産ブロックチェーンのニュースを扱っておりますので、ぜひ Twitterアカウントの @PropwaveJP をフォローいただき、最新情報をご入手ください!

このページでは Propwave が初めての方や、特定の分野について深く知りたい方に向けて、記事をカテゴリごとにまとめています。

「不動産のトークン化ってなに?」

「Web3 がどう不動産に絡むのか知りたい」

「パブリックチェーンでの不動産トレンドについてキャッチアップしたい」

「事業者として STO を知りたい!」

「もう少し技術的な側面で不動産ブロックチェーンを知りたい!」

Propwave はそんなあなたのためのメディアです。

カテゴリ

この投稿では、今までの記事の中でも厳選して以下のカテゴリで分類しました。ご興味ある分野からどうぞご覧ください!

  • 101: 不動産のトークン化とは
  • 暗号資産に関するテクノロジーや、Web3 に関する知見を深める
  • パブリックチェーンの事例
  • 不動産STO の事例
  • テクノロジー・コード
  • 101: 不動産のトークン化とは

    『不動産をNFT にして売却...?その方法を解説!』

    ここ数年で暗号通貨が爆発的に流行し、デジタルアセットだけでなく、リアルなアセットを暗号通貨を使って購入できるようになる事例が増えてきました。方法を解説します。

    『NFT って部分所有できるの? F-NFT について不動産を例に解説』

    今回は不動産ブロックチェーンの Propy を例に NFT を分割して販売する Fractionalized-NFT に焦点をあてて扱いたいと思います。

    『【図解】技術的知識がなくてもわかる 不動産ブロックチェーンの取引!』

    この記事では簡素化した不動産の取引と利益の発生プロセスについて深掘りしていきます。また、それに伴うコントラクトの実装としてどのようなものが必要なのかもみていきます。

    『不動産をトークン化するには?〜不特法編〜』

    不動産は金額が大きく、取引コストも高いことから、トークンとして取り扱えるようにすることで活用の幅が広がることが期待されています。今回は不動産をトークン化する方法について、不特法を用いたアプローチをご紹介します。

    『不動産ブロックチェーン業界を率いているのは誰だ!各プロジェクトのリーダーを探る』

    この記事では、不動産ブロックチェーンのプロジェクトはどんな人が運営しているのかを探っていきたいと思います。誰がプロジェクトをリードしているのか、気になりますよね。

    暗号資産に関するテクノロジーや、Web3 に関する知見を深める

    『【図解】DeFi の基礎!DEX における AMM と流動性プールの仕組みを5分で解説!』

    DEX という言葉自体は知っているけれどもその仕組みについてはあまり理解していない...という方に向けて、そのコアとなる流動性プール、そして AMM について解説していきます。

    『ステーブルコイン入門【仕組みの分類と用途】』

    ステーブルコインとは、法定通貨建てで安定した価格になるように設計された仮想通貨のことです。どのような仕組みで「安定した価格」を実現しているのか、分類とそれぞれの解説をしていきます。

    『Web3.0時代の資金調達方法「SAFT」とは?』

    SAFTとは、海外のweb3プロジェクトでよく活用されている資金調達手法です。今回は、このSAFT について、概要やどのように活用されているかについてご紹介したいと思います。

    『ブロックチェーンのブリッジとは?仕組みと役割について解説!』

    ブロックチェーンブリッジとは、クロスチェーンブリッジとも呼ばれ、異なる2つ以上のブロックチェーン間で情報を転送できるようにするシステムのことです。ブリッジの仕組みや役割、様々なブリッジの長所や短所について解説します。

    『次のイーサリアムになるか!?NEAR Protocol って何がすごいの?』

    NEAR Protocol は、2020年4月にメインネットがローンチされた比較的新しいレイヤー1ブロックチェーンです。今後イーサリアムに代わる可能性があるブロックチェーンとして注目を浴びていますが、他のチェーンと比べてどのような特徴を持っているのかについて解説していきたいと思います。

    『Chainlink で連携!不動産のオフチェーンデータ』

    近年、不動産ブロックチェーンプレイヤーが自身のプラットフォームにChainlinkを導入する検討を始めているケースが増えています。この記事ではその状況と、繋げることでどんな意味があるのかを見ていきたいと思います。

    パブリックチェーンの事例

    『たった50ドルから不動産を持てる!?LANDSHAREとは!』

    LANDSHAREはアメリカ発のプロジェクトで、不動産の所有権をトークン化することにより流動的な資産にすることを目指しています。今回はこのLANDSHAREについて、プロジェクトの概要やトークン化のスキームについて解説していきます。

    『ブロックチェーンでの不動産登記は難しい? 米Propy の不動産流通における挑戦と課題』

    Propy はブロックチェーンを使った高効率で流動性の高い不動産取引を実現するプラットフォームを提供しています。Propy は不動産取引のあり方を根本から変えるチャレンジをしており、世界で初めて不動産を NFT 化した存在でもあります。

    『米国不動産を秒で買える RealT を解説!不動産ブロックチェーンの現実と課題』

    RealT という不動産ブロックチェーンプロジェクトをご存知でしょうか。RealT のホワイトペーパーを読みながら、どのように ReaelT がユニークなのかを見ていきましょう。

    『プライベートマーケットがブロックチェーンで誰でも取引可能に! Repubilc の革命とは!』

    Republic は、スタートアップや不動産ファンド、ゲーム開発企業等へ10ドルから投資できるプラットフォームです。今回はこの Republic についてご紹介します。

    『将来の REIT はこれで代替される? 不動産金融の世界で DeFi の実現を狙う CitaDAO とは』

    CitaDAO はブロックチェーンを利用して不動産流通を変えるチャレンジをしているプロジェクトです。CitaDAO は Propy や RealT のような不動産ブロックチェーンのプロジェクトが示しきれていなかった新しいライフサイクルの提案をしています。

    『YC出身!AIが選んだ投資用不動産を50ドルで買える「Lofty AI」とは?』

    LoftyAI は、トークン化された投資用不動産に、わずか50ドルから投資することができるサービスです。YCに採択された彼らのプロジェクトの概要や展望についてご紹介します。

    『既存の REIT はもう古い?ブロックチェーンで自律分散型 REIT を実現する D-ReiT の挑戦』

    D-ReiT とは、その名の通り分散型 (Decentralized) の REIT を実現するプロジェクトです。暗号通貨を用いて不動産を証券化するプロジェクトはいくつかありますが、D-ReiTはどのようなスキームで実現しようとしているのか紐解いていきましょう。

    『ブロックチェーンで分散型賃貸住宅プラットフォームを提供する Rentberry を解説!』

    Rentberry は、オンライン上で契約や賃料の支払いなど賃貸に関する手続きをワンストップで行うことができるCtoCプラットフォームです。今回はその Rentberry について解説していきます。

    『ロンドン発の不動産トークン化プラットフォーム「Realbox」とは?』

    ブロックチェーンベースの不動産トークン化プラットフォームであるRealbox。どのようなサービスを提供しているのか、そして、どのような仕組みでトークン化を実現するのかについて解説していきたいと思います。

    『担保が要らないローン?分散型レンディングプロトコルGoldfinchを徹底解説!』

    一般的に暗号資産レンディングプラットフォームは融資額に見合う暗号資産を担保に用意する必要があります。それに対し、Goldfinch は担保の必要性を排除し、暗号資産を持たない借り手にも資金提供をすることができるプロトコルを目指しています。

    『RealTで不動産を買ってみよう! 』

    いざ不動産ブロックチェーンのトークンを買おうと思っても、なんだかよくわからなくて難しそうですよね。今回はRealT を題材に、サービスの中身が見えづらく、手触り感がない不動産トークンの中身を見ていきたいと思います。

    『Propy の Crypto Certified Agent になってみた』

    Propy には Crypto Certified Agent という資格があります。この資格はどのようなもので何を背景に作られたのでしょうか。この記事では日本で初めて Crypto Certified Agent を取得した筆者が解説します。

    『不動産競売はスマートコントラクトで自動化するともっと良くなる!韓国発 LANDBOX を解説』

    韓国に新しいブロックチェーンのサービスがあることをご存知でしょうか。 この記事では韓国の江南 (Gangnum / カンナム) を拠点にして活動している新興不動産企業である NextIB が進める不動産ブロックチェーンサービスをみていきたいと思います。

    『実世界の不動産価格と連動!デジタル不動産投資ができるParcl とは』

    Parcl はブロックチェーンベースのデジタル不動産投資プラットフォームです。ユーザーは米国内の物理的な不動産の価格に連動したデジタル土地に投資することができます。Percl でできることや仕組みについて解説します!

    『DeFi で不動産開発資金を調達できる!LandOrc について解説!』

    LandOrc は、DeFiを通じて不動産開発資金を調達することができるプラットフォームです。一般的にリスクが高いアセットが多い傾向にあるDeFiにおいて、暗号資産を安定的に運用できる手段を提供しています。

    不動産STO の事例

    『今さら聞けない「STOってなに?」セキュリティトークンで不動産投資はどう変わるのか』

    ここ数年で 、不動産業界の中で STO という言葉を聞くことが増えたのではないでしょうか。ブロックチェーンを活用した仕組みとして国内でも取り組みが増えています。STO とはなんなのか、不動産投資においてどのように活用されるのかを解説していきたいと思います。

    『プライベートチェーン vs パブリックチェーン 不動産に適しているのはどっち?! STO について考える』

    STO は Security Token Offering の略称で有価証券の性質を持つトークンにより資金を調達する方法を指します。今まで資金調達が難しかったプロジェクトへの活用が見込まれています。

    『Security Token Standard について解説! Polymath が狙うトークン標準化』

    この記事ではセキュリティ・トークンとその標準である Security Token Standard について詳しくみていきます。

    『セキュリティトークンを扱う国内初のPTS「大阪デジタルエクスチェンジ」とは』

    セキュリティトークンを扱う国内初の取引所として話題になった大阪デジタルエクスチェンジ。今回はその概要をご紹介します。

    『不動産STO - SLICE の挑戦と大失敗』

    かつて SLICE という不動産ブロックチェーンSTOプロジェクトがありました。大和ハウスも一部絡んでおり、非常に期待されたプロジェクトでもありましたが失敗に終わってしまいました。この記事では SLICE の概要と、なぜ失敗したのかについて触れていきます。

    『【STO 事例】不動産のデジタル証券・神戸六甲アイランドDCについて解説』

    STO とは、Security Token Offering の略で、デジタル証券を活用して資金調達をする手段のことを指します。今回は不動産 STO の初期の事例として、神戸六甲アイランドDC についてみていきます。

    『総資産 8 兆円の金融機関が発行するセキュリティトークン!ブラジルの不動産STOプロジェクト「reitbz」について解説!』

    reitbz は、ブラジルの不動産ブロックチェーンプロジェクトで、ブラジルの大手投資銀行である BTG Pactual が主体となってセキュリティトークンの発行を行なっています。どんな不動産に投資をしているのかなど解説します!

    『アメリカの不動産STO事例:Vertalo と tZERO』

    アメリカにおける不動産のセキュリティトークン化事例として、Vertalo と tZERO による取り組みをご紹介します。

    『参加者の成熟度が問題? 米 Propellr が不動産のトークン化に失敗した理由』

    Propellr はデジタル資産の創造・管理・サービスを行うプラットフォーム企業です。2019年初頭に彼らの活動は盛り上がりを見せたものの、それ以降はめっきり静かになってしまっています。何が起きたのかをこの記事では取り扱いたいと思います。

    テクノロジー・コード

    『不動産取引のブロックチェーンのスマートコントラクトをちょっと覗いてみよう!』

    スマートコントラクトの中にはさまざまな処理を入れ込む必要があります。今回は比較的簡便なブロックチェーン上での不動産の取引事項を挙げてどのような取引があるのかみていきましょう。

    『配当機能付きのトークンの実装方法【Solidity】』

    スマートコントラクトを使えば、トークン保有者に様々な権利を提供することができます。例えば、収益をトークンの保有者に配分するといった利用方法が考えられます。この記事では、トークンの所有者間でイーサを比例配分できるERC-20準拠のシンプルな実装例をご紹介します。

    『NFTに配当機能をつけてみよう!』

    この記事では不動産NFTをつくる際の配当機能の実装方法について考察していきます。配当の機能を実装する際には ERC-20 のようなファンジブルトークンが良いのか、ERC-721 のようなNFTが良いのか一緒に考えていきましょう。

    『もし不動産NFTを実装したらこうなるかも』

    もし不動産NFTを実装したらどうなるでしょう。技術選定基準やトークン化の対象は議論の余地がある部分ですが、選定においては技術以外に、市場や法的な問題にも配慮する必要があります。この記事では不動産NFTを開発する際の考え方をまとめていきます。

    『Staking の実装と不動産分野での活用』

    ステーキングとはトークンをネットワークに預けることで報酬を得ることです。 今回は以前の記事の配当機能付き ERC-20 トークンが継承できる形を想定して、ステーキングの機能を実装していきます。

    『不動産ブロックチェーンのアプリ開発者動向』

    今回は、不動産ブロックチェーンに関するアプリケーション開発の動向を見ていきます。 ブロックチェーンでアプリを開発するといっても、さまざまな種類があります。

    『不動産価格を仮想通貨の世界で安定させるには?』

    流動性が低く価格が安定的な不動産を、一般的に流動性が高く不安定なトークンとして流通させるのは容易ではありません。この問題の解決策を具体事例と一緒に見ていきましょう。

    Read Next